LIFE ???

大腸がんステージ4になり、お金や生活基盤の大切さを実感しました。残りの人生の長さは???ですが、残りの人生(Life)を「お金」「生活」を中心に記録(Log)します。

CTの検査結果と診察と抗癌剤治療に昨日行ったお話

スポンサーリンク

 抗癌剤の投与の影響で昨日の夜(11/17)ボーッとしていたら…

 

嫁「今日は珍しく私達が買った株が上がったね。」

 

俺「うん…。」ボーッ

 

嫁「やっぱり体調つらそうね。」

 

俺「うん…。」ボーッ

 

嫁「仮想通貨はヘソクリでいくら買ったの?」

 

俺「うん…。20万円…。」ハッ!!

 

 抗癌剤投与日は夫婦間の会話を減らして寝たふりをする事をおすすめしたいkknsです。

 

f:id:kknskkns:20201118113027p:plain

 

今日はCTの検査結果がメインのお話し

 昨日は11/12に撮影したCTの検査結果を聞きにG病院に行きました。

 

 もちろん、主治医のN先生の診察や抗癌剤の投与もありますが、私としてはCTの結果が一番気になっておりました。

 

 そしてそれらにかかる費用は次回の記事で掲載します。

 

 ちょっとお疲れ気味なもので…。

 

 本日はそんなお話しです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「CTの結果」とN先生に「伝えた事」と「お願いした事」

f:id:kknskkns:20201118114238p:plain

 

CTの結果

  1. 既に癌のある肝臓以外への転移や大腸への再発はない
  2. 肝臓の癌は縮小がみられ画像でも陰影が薄くなっている

 

N先生「上記1、2より治療の効果は出ています。」

 

20万円「これは喜んで良い結果ですよね。」

 

N先生「勿論です。ここまで効果が高いのは今の治療方法や生活習慣がkknsさんにあっているんでしょうね。ただ…。」

 

20万円「ただ?」ゴクリ

 

N先生「画像を見ていただくと分かりやすいんですが、kknsさんの場合は肝臓の広範囲に癌が分布していて4~5箇所あります。しかも、肝臓の裏側と太い血管の近くにも癌が見えるので現時点で手術はできない状態です。」

 

20万円「はい。」

 

N先生「ですから、今行っている アバスチン イリノテカン ゼローダ の抗癌剤の投与を続けていきましょう。

 

20万円「分かりました。」

 

 N先生は私に淡々とですがジックリと説明してくださいました。

 

 実はN先生からは肝臓に癌が再発した段階で手術不可の話は聞いていたので、今回の手術不可の話はスンナリと聞けてむしろ癌の転移・再発も無く縮小しているという事で大変ポジティブな結果として受け取っています。

 

f:id:kknskkns:20201119110024j:plain

11/12撮影 CT画像診断報告書

 

N先生に伝えた事

  1. 休薬期間は1週間であったが体調は良かった
  2. みぞおち周辺に痛みを感じる事がある
  3. 倦怠感を感じる時に左こめかみに痛みを感じる
  4. ジョギングは週に1回程度(2kmから3km)

 

N先生にお願いした事

  1. 血液検査の結果をもらう
  2. CT検査の報告書をもらう
  3. 下剤をもらう
  4. 治療予定の確認
  5. 年末年始実家(福岡在住で実家は神奈川)に帰っても大丈夫か
  6. インフルエンザや風疹のワクチンを接種しても良いか

 

 

N先生からの回答

f:id:kknskkns:20201118175650j:plain

 伝-1 前回は休薬期間が2週間あったので好中球の値は4000程度でしたが、今日の好中球の値は1300程度まで下がってましたね。それでも、体調は良いようですし抗癌剤は十分投与できる範囲です。

 

伝-2 痛みが狭い範囲で出ているし、痛みが出る所が手術跡の所に集中してますので筋肉系の痛みと思われます。(N先生には触診をしてもらいました。)

 

伝-3 今は頭痛が出ていないようなので一過性のものカモしれません。様子を見ておいてください。

 

伝-4 抗癌剤投与後はジョギングは避けていただきたいですが、ジョギングの運動強度は上げずにジョギングの回数を増やすように心がけてください。

 

願-1 いただきました

 

願-2 いただきました

 

願-3 いただきました

 

願-4 12/8 診察・抗癌剤 1/5 診察・抗癌剤

 

願-5 実家に帰って家族と会うのは大変良い事です。但し人混みは避けてできるだけ実家にいるようにしてください。

 

願-6 風疹はダメですが、インフルエンザの予防接種は受けてください。

 

 N先生はデータを基にできるだけ客観的に診察をしようと心がけていて、その中でも私が肉体的・精神的・経済的に健やかに過ごせるようにという事を加味して私との診察に臨んでいるようでした。

 

 そのN先生の話しはポジティブな話もあり、ネガティブな話も当然含まれます。

 

 でも、私にはN先生のようなネガティブな話もシッカリとしていただける先生の方が合っていると考えています。

 

 それは色々な準備ができるからです。それは、肉体的・精神的・経済的な準備です。

 

 今回の診察では内容がポジティブであったため仕事への復帰のプランを練り始めようと思います。。。

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 N先生からは今後の治療方針として

  • 結果が出ているので抗癌剤治療を現在の内容を継続していく
  • 生活面ではジョギングの運動強度を上げずにジョギングの回数を増やす

 指示がでました。

 

 次の抗癌剤までの3週間指示通りに過ごしていきます。

 

 

今日の報告

今日の体重 66.4kg

今日の体温 36.6℃

今日の体調 1

今日のお薬 昨夕 ゼローダx3 下剤x1 朝 ゼローダx4 下剤x1 吐き気ドメx1

今日の副作用 声を出しづらい 倦怠感 吐き気 みぞおち痛

今日の運動 無し

今日の備考 前回2回は休薬期間が2週間であったが、今回は元に戻って休薬期間が1週間であった。その分副作用も強く出ている感じで特に倦怠感が強い。特に倦怠感が強く午後はずっと昼寝をこの時間までしてしまった。夜寝れなそう…。