LIFE ???

大腸がんステージ4になり、お金や生活基盤の大切さを実感しました。残りの人生の長さは???ですが、残りの人生(Life)を「お金」「生活」を中心に記録(Log)します。

アバスチン イリノテカン ゼローダの10クール目に突入した話

スポンサーリンク

 先日の話し…

 

嫁「最近の株高で評価額が12万円も上がっていたね。」

 

10クール「あ、そうなの?」

 

嫁「え?見てないの??時間が有るんだから株価のチェックぐらいしたら???」

 

10クール「株価の確認はしてるけど、ウチは長期投資狙いだから一日の株価に一喜一憂しない方が良いよ。」

 

嫁「そうなんだ…。」

 

10クール「よし!」コゴエ

 

嫁「え?」

 

10クール「いや、なんでも無い」

 

 嫁さんからこの話をされた日に、家計で購入していた仮想通貨が1日に¥60,000値下がりしたのは内緒の話しです。。。

 

f:id:kknskkns:20201216101910p:plain

 

今日は昨日 診察 抗癌剤投与 をしてきたお話し

 昨日診察と抗癌剤投与のためG病院に行って参りました。

 

 本来は先週に抗癌剤投与する予定だったのですが、好中球の値が基準値(1000)より低かった(900)ため1週間に延期となりました。

 

kknskkns.hatenablog.com

 

 昨日の好中球の値は3000以上ありましたので予定通り抗癌剤の投与をしてきました。

 

 本日はそんなお話しです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 N先生に「伝えた事」と「お願いした事」

 

N先生に伝えた事

  1. 抗癌剤治療延期の1週間も倦怠感があった
  2. 眠気が強く、昼寝の時間が長かった(1時~4時まで3時間ほど寝てしまう。)

 

N先生にお願いした事

  1. 好中球が低い時は運動をした方が良いのか、しない方が良いのか教えて下さい
  2. 年末年始お酒を飲みたくなるが1日の酒量はどれくらいなら大丈夫か教えて下さい
  3. 吐き気止めをもらう

スポンサーリンク

 

 

 

N先生からの回答

伝-1 この1週間の倦怠感は恐らく抗癌剤とは関係ないと思われます。

 点滴で投与するアバスチンやイリノテカン は投与後の5日後から7日後に副作用が強く出て、それ以降は副作用が弱まります。

 服用薬のゼローダは飲み続ければ飲み続けるほど副作用がつよくなります。つまり、kknsさんの場合は14日間服用しますので、10日から14日にゼローダの副作用が強くなります。

 その点から踏まえると10日前後が一番副作用が強く、その後は体外に排出されていきます。ですから、この1週間の倦怠感は別の理由からくるものかと思われます。

 

伝-2 少し寝すぎかもしれませんね。昼寝に使っている時間帯に何かしらの活動をしてしみたらどうでしょうか?

 

願-1 多少の運動は構いません。むしろ運動不足で筋力低下していく事が倦怠感につながって行く可能性もあります。kknsさんの場合は少しきついかな程度の運動が丁度良い位だと思いますよ。

 

願-2 アルコール量でビール350ml2本分までにしてください。

 

願-3 いただきました

 

スポンサーリンク

 

 

 

まとめ

 N先生の診察を終えて自分の感想およびこれからの行動をまとめます。

 

  • この1週間の倦怠感は先週の血液検査で好中球が900だったという事を知ったが故のメンタル的なものと思う。その証拠に本日はそこまで倦怠感は無い
  • 昼寝をしている時間帯に散歩やジョギング等の運動を取り入れる
  • 運動強度の目安を提示してもらったので、運動を開始してから自分の体と相談しながら運動強度を決めるようにする
  • アルコールの量350mlx5%=17.5mlx2=35ml 具体的な量を示してもらったのでコレを参考にして焼酎やハイボールウイスキーの量を調整してお酒を楽しみたい

 

 今回の診察はN先生と具体的な話しが多くできて非常にタメになりました。

 

 診察時に具体的な話しができると具体的な行動に落とし込めるので、診察の前にお医者さんに「報告する事やお願いする事」を事前にまとめておくと良いですよね。

 

  

 「少しきついかな」程度の運動を癌患者に勧めるドSの主治医に診てもらっている私の今日の報告です。

 

 

今日の報告

今日の体重 68.0kg

今日の体温 36.5℃

今日の体調 3

今日の血圧 上131 下79 脈60

今日の副作用 軽い吐き気 声が出しづらい

今日の運動 イストレx3 補強x3 午後より散歩

今日の備考 好中球の値が高かったためか、昨日抗癌剤を投与したが体は軽い。午後の散歩は散歩を開始してから距離と速度を決めるようにする。