LIFE ???

大腸がんステージ4になり、お金や生活基盤の大切さを実感しました。残りの人生の長さは???ですが、残りの人生(Life)を「お金」「生活」を中心に記録(Log)します。

抗がん剤の副作用対策のために記録をつける話

スポンサーリンク

俺「あ、この女子アナ背が小さくてなんだか可愛らしいね。」

 

嫁「ね~。ちょっと~。」

 

俺「え?何??」

 

嫁「異性をそうやって容姿で判断して言葉に出すの良くないよ!」

 

俺「へ?」

 

嫁「そういうのを会社でやってたら セクハラ とか言われたりするよ!気を付けてよね!!」

 

俺「は、はぁ~。」(困惑)

 

ーーーーーー数分後ーーーーーーー

 

嫁「わ!わ!イケメン!! この気象予報士  超イケメン!!!」

 

 セクハラで訴えられないか心配なkknsです。

 

f:id:kknskkns:20200908132602p:plain

 

今回はこんなお話し

 私は最近抗がん剤の副作用と上手く付き合えるようになりました。

 

 抗がん剤の副作用が全く無くなったわけではなく、副作用が強く出てきそうな前兆を掴めるようになったのです。

 

 その前兆を掴む事が出来れば、副作用に対応する薬も早めに服用する事ができますよね。

 

 ただそれだけの事です。

 

 私がその前兆を掴めるようになったのは体調の記録をつけていたからでした。

 

 今回はそんな体調の記録のお話しです。

 

スポンサーリンク

 

 

 記録をつける目的

f:id:kknskkns:20200908135838p:plain

 私は体調の記録をつけていました。

 

 そこで私は抗がん剤の副作用が強く出る前兆として「微熱、睡眠不足(夜寝られない、朝早く起きてしまう)、声が出づらい」等の症状がある事に気が付きました。

 

 これらの症状が出てくると「倦怠感、下痢、しゃっくり、吐き気」等の抗がん剤の副作用が強く出てきてしまいます。

 

 しかし、私は副作用が強く出てくる前兆として上記の症状がある事がわかったので、そんな症状が出た時は副作用に対応する薬を服用して自宅でゆっくり休む事をこころがけました。

 

 そうする事で抗がん剤の副作用と上手く付き合えるようになってきました。

 

 社会復帰へ向けてもいい形となっていると思います。

 

 私が記録をつけている目的は、過去の自分の行動症状と現在の結果との因果関係を探るためです。

 

 今回は抗がん剤の副作用が強く出る前兆がわかってきたので、その成果が出たのかなと思っています。

 

 

記録はどのようにつける?

 まずはこちらの写真を見てください。

 

 私はこんな風に記録をつけてます。

 

f:id:kknskkns:20200908140024j:plain

(ちなみに私は主治医の問診時にこのノートを持ち込んで診察を受けています。)

 

 はい、汚い字ですいません。ハズカチイ

 

 所々歯抜けの情報ですね。ハズカチイ

 

 9月7日は丸々書いてませんね。ハズカチイ

 

 こんな程度でも良いんです。キレイニカイタホウガイイノハイイケドネ

 

 こんな程度の記録でも私は上述の  抗がん剤の副作用の前兆  に気づきました。

 

 気にせず継続していきましょう。

 

 この程度なら5分程度で書けますので毎日のルーティーンの中に入れてみてください。

 

 記録をつけるのが「面倒くさい!」と思われる方は、私のように手書きでなくてもブログやTwitterに残しても良いと思います。

 

 私のブログを読んでいる人は自分でブログを書いていたり、Twitterで呟いている人が多いと思います。

 

 自分に合った方法で試してみてください。

 

 前項で申し上げた通り「記録をつける目的は、過去の自分の行動や症状と現在の結果との因果関係を探る」タメですから、自分の行動や症状を記録として残してください。

 

 それができていればメモ程度の記録でも、今のこの症状が出る前にこんな事があったというのがわかって次から予防措置がとれると思います。

 

 とりあえず、デジタルでもアナログでも構いません。自分の行動や症状の記録を残していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

体調の記録=オンリーワンの闘病記

 

f:id:kknskkns:20200908143016p:plain

 

 私が感じている前兆と抗がん剤の副作用との間の因果関係が有るのか無いのか正確な所はわかりません。

 

 しかし、実体験上そうなっています。

 

 上記の症状が出たら外出は控えてベッドで体を横にして体を休めます。そして、副作用が出て来たら対応する薬を服用して副作用をおさめるようにしています。

 

 幸いな事に今の私は会社を休職しているので、この対応ができる環境にあります。

 

 ですから、私はこの手順で抗がん剤の副作用と上手く付き合いながらがんと闘っていきます。

 

 また、自分の体調を記録するという事は病状の進行を記録する事でもあるので、それ自体が私の闘病記であると考えています。

 

 闘病記 と聞くとカッコよく聞こえますがその基本は日々の記録です。闘病中の方は可能な限り自分で記録を残してみませんか?

 

 記録する事で今までスルーしていた事実を発見するかもしれませんよ。

 

 私が抗がん剤の副作用の前兆に気づいたように…。

 

 

 

まとめ

f:id:kknskkns:20200902165111p:plain

 

私が行っている抗がん剤の副作用対策は

  • 抗がん剤の副作用が強く出る前に体を休めて副作用が出てきたら対応する薬を服用する
  • 抗がん剤の副作用が強く出る前兆がないか確認するために記録をとる

の2点です。

 

 書いてみると当たり前の事ですが、それを精度高く行うためにまずは自分の体調を記録しています。

 

 闘病中の方もまずは記録をつける所から始めてみませんか?

 

 そして、もう記録をつけている方は自分の現在の状況と過去の症状や行動に何かリンクするものがないか探してみてください。

 

 ひょっとしたら大切な事に気づくかもしれません…。

 

なおなおがき

 私は記録をつける事で抗がん剤の副作用と上手く付き合い始めています。

 

 これは自分にとって大きな事で、抗癌剤治療と仕事との両立への第一歩かなと考えています。

 

 当面の目標である仕事復帰へ向けて記録をつけ続けていきます。

 

 何度も言いますが闘病中の方は可能な限り自分で自分の体調の記録をつけてみましょう。

 

 その記録自体が、あなたが書いた闘病記 になりますからね。

 

 自分が存在している証明を残してみませんか?

 

 私は現在の自分の状況からそんな事を考えています。

 

 

 

 嫁がセクハラで訴えられるのは時間の問題とも考えている私の今日の報告です。

 

 

今日の報告

今日の体重 63.8㎏

今日の体温 36.5℃

今日の運動 イストレx1 補強x1 夕方45′Walkの予定

今日のお薬 ゼローダ昨日夕x3錠 今日の朝x4錠 酸化マグネシウム錠(下剤)x朝食後1錠

今日の抗がん剤の副作用 声が出づらい 下痢

今日の備考 昨日は9時間ほど眠っていた。久しぶりの快眠であったが疲労感はまだ残っている。最近睡眠時間が短くなっていたのでその反動であると思われる。昼から声が出なくなり、下痢が短時間で3回ほど続いた。水分摂取をしっかりと行うように心がける。